睡鳩荘(すいきゅうそう)[旧朝吹山荘」

イベント

2017年5月10日(水)~5月31日(水)パーチメントクラフト作品と西洋アンティーク小物たち展

パーチメントペーパー(専用紙)を使いパーフォレイト、エンボスカットの技術でレースを再現するペーパークラフト

日時:2017年5月10日(水)~5月31日(水) 9:00 - 17:00
場所:軽井沢タリアセン 旧朝吹山荘「睡鳩荘」
料金:軽井沢タリアセン入館料 大人800円 小中学生400円




2017年5月13日(土)~5月28(日)パーチメントクラフト ワークショップ
彩り葉のように美しいペーパーでレース作り体験

日時:2017年5月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28(日)
   13:30 - 15:30
場所:軽井沢タリアセン 旧朝吹山荘「睡鳩荘」
料金:2000円



2017年6月16日(金)~7月2日(日)假屋崎省吾の世界in軽井沢

睡鳩荘での9年目の個展は、季節の花を使い自然と人工物が融合したダイナミックな作品を中心に、睡鳩荘を華やかに飾ります。

日時:2017年6月16日(金)~7月2日(日)
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」
料金:軽井沢タリアセン入園料+睡鳩荘入館料500円

薔薇の祭典関連イベントは、イングリッシュローズ・ガーデンページをご参照ください。


「薔薇」パステル380×170mm

2017年7月4日(火)~7月19日(水)瞬間の煌き 石上誠絵画展

石上誠の軽井沢2回目の個展。
2016年睡鳩荘の個展の後、米国ニューヨークOnishi Galleryで個展を行い、具象と抽象が融合する石上の作品は、さらに進化を遂げた。今回の展覧会では、薔薇、ヴェネチアEternal、カーニバルを始め、初公開となる軽井沢で着想したEternal最新作を発表。

日時:2017年7月4月(火)- 7月19日(水)9:00-17:00
場所:軽井沢タリアセン 旧朝吹山荘「睡鳩荘」2階
料金:石上誠絵画展入館券300円(軽井沢タリアセン入園料別)




2017年7月8日(土)Special Art Event 石上誠ライブペインティング

軽井沢の光と楽器の音色から生まれるインスピレーションをキャンバスに表現する石上誠のアートライブをご覧ください。

日時:2017年7月8日(土)14:00 - 14:30
場所:軽井沢タリアセン 旧朝吹山荘「睡鳩荘」
料金:軽井沢タリアセン入園料
ヴァイオリニスト:杉原 桐子


石上 誠
1953年生まれ静岡市出身。
13歳のとき19世紀ロマン主義を代表する仏国画家ウジェーヌ・ドラクロワの絵画との出会いが画家の道を志すきっかけとなる。のちに「絵とは描き手と観る側の平和の架け橋である」というドラクロワの言葉に大きく影響を受けるが、石上誠の画法は決してドラクロワに傾倒しているわけではない。
1989年伊国ベネチアを訪れる。その街並みを目の当たりにして着想した、変化を繰り返しながら未来へ繋がっていく「永遠の生命」という考え方が画家として大きな礎となる。流れゆくときの中で、自然・生命体が見せる一瞬の輝きをインスピレーションとして捉え、自由な表現を用いてキャンバスに描き続けている。

石上誠オフィシャルサイトhttp://www.makotoishigamistudio.com/

『ぞうのババール』矢川澄子訳
2017年8月1日(火)〜8月31日(木)矢川澄子 絵本展

1980~2002年まで、長野県信濃町で創作活動をつづけた矢川澄子が、生前に発表した絵本を中心に、童話・小説・詩画集など約百点余の初版本を一堂に集め、展示します。

日時:2017年8月1日(火)〜8月31日(木)
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」2階
料金:無料(要タリアセン入園料)
※軽井沢タリアセンの入園料は大人800円、小中学生400円

2017年9月4日(月)〜9月28日(木)生誕100年 朝吹登水子と軽井沢と睡鳩荘展

フランス文学者の朝吹登水子の生誕100年を記念して、朝吹登水子が戦前・戦後を通じて長期間、夏を過ごしていた旧朝吹山荘「睡鳩荘」において、朝吹登水子の著作や写真、朝吹家の人々が睡鳩荘で使っていたゆかりの品々(普段、非公開の品)などを展示します。

日時:2017年9月4日(月)〜9月28日(木)
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」2階
料金:無料(要タリアセン入園料)
※軽井沢タリアセンの入園料は大人800円、小中学生400円

睡鳩荘(すいきゅうそう)[旧朝吹山荘]の歴史
西暦 睡鳩荘(すいきゅうそう)に関連する出来事
1931年 W.M.ヴォーリズの設計により建てられる。
2008年 朝吹家の長女である、フランス文学者・朝吹登水子の意思を受け、タリアセンの湖畔に移築し復元。
2009年 「軽井沢緑の景観」 特別賞受賞。

過去イベント

2016年9月1日(木)~10月31日(日)秋桜祭
永遠のコスモスの世界 あらきゆみ展 in Taliesin 睡鳩荘
同時開催 天 紫生の世界

日時:このイベントは終了しました。
場所:軽井沢タリアセン 睡鳩荘
料金:睡鳩荘入館料200円(軽井沢タリアセン入園料800円別)
企画・協力:Forest cosmos フォレストコスモス http://www.cosmos-art.com/


[入館特典]
期間中、館内にてご購入の睡鳩荘入館券1枚につき、2017年版ミニCosmosカレンダーを1部プレゼント


[コスモス展によせて]
季節のとびらが またひとつひらき2016年9月のおとずれです。
今年も水鳥の憩う湖畔に佇む軽井沢タリアセン睡鳩荘で、三度目の作品展を開かせて頂くことになりました。
2016年のテーマは「真心」です。生まれてこれたこと、こすもす COSMOSという花にめぐり合えたこと、何よりも支えて下さったみなさま一人一人に感謝してやみません。
今回もただ一人の継承者 天 紫生氏と同時展示させて頂きますこともCosmos ∞(無限大)につながれていく夢のつづきを感じております。是非 是非会場へお越しください。
また、軽井沢タリアセンより歩いてわずかな、フォレストコスモスにもあわせてお立ち寄りください。 —あらきゆみ—


[同時開催]
天 紫生の世界
あらき ゆみ氏の志をうけつぎコスモスを描きつづけるただ一人の継承者。あらき ゆみ氏とはまた違った独自のCOSMOS(宇宙)をかもしだし新たな世界を広げている。

2016年8月1日(月)~8月31日(水)コドモノクニの世界展

大正・昭和のモダニズムが生んだ日本を代表する絵雑誌「コドモノクニ」(1922−44)のオリジナルを展示します。
※夏休み特別企画のミニ展示です。

日時:このイベントは終了しました。
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」
料金:軽井沢タリアセン入園料のみ

2016年7月23日(土)、24日(日)軽井沢高原文庫・軽井沢演劇部 朗読会 2016
『睡鳩荘で聴く美しい言葉・朗読と話芸』

日時:このイベントは終了しました。
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」(軽井沢タリアセン内)
参加費:4000円<要予約>
定員:各50名

ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」、北杜夫「どくとるマンボウ昆虫記」、遠藤周作「ルーアンの丘」、ジャン・ジロドゥ「トロイ戦争は起こらない」、加賀乙彦「雲の都」ほか。
(※プログラムは各回異なります。詳細はhttp://kogenbunko.jp

予約受付は5月10日(火)午前9時~ EメールかFAXのみで受け付けます。
Eメール:kogenbunko@yahoo.co.jp
FAX: 0267-45-6626


「薔薇の園」 2016年作/油彩S4


「白い花の咲くヴェネツィア」
2016年作/油彩F4


「化粧」 2016年作/油彩F4

2016年7月7日(木)〜7月19日(火)石上 誠 絵画展
~ヴェネツィアからのインスピレーション。扉を開けて~

日時:このイベントは終了しました。
時間:9:00〜17:00 会期中無休
場所:軽井沢タリアセン 睡鳩荘
料金:睡鳩荘入館料300円(軽井沢タリアセン入園料800円別)

7月7日から19日まで睡鳩荘において「石上誠 絵画展」を開催します。今回は「ヴェネツィアからのインスピレーション。扉を開けて」が展覧会のテーマとなり「薔薇の園」(2016年作 油彩S4)、「白い花の咲くヴェネツィア」(2016年作 油彩F4)、 「化粧」(2016年作 油彩F4)などの最新作を含め約30点を展示いたします。水の都ヴェネツィアから得たインスピレーションを、湖の畔に佇む初夏の睡鳩荘でご覧ください。

石上 誠(いしがみ まこと)
1953年生まれ静岡市出身。13歳のとき19世紀ロマン主義を代表する仏国画家ウジェーヌ・ドラクロワの絵画との出会いが画家の道を志すきっかけとなる。のちに「絵とは描き手と観る側の平和の架け橋である」というドラクロワの言葉に大きく影響を受けるが、石上誠の画法は決してドラクロワに傾倒しているわけではない。
1989年伊国ベネチアを訪れる。その街並みを目の当たりにして着想した、変化を繰り返しながら未来へ繋がっていく「永遠の生命」という考え方が画家として大きな礎となる。流れゆくときの中で、自然・生命体が見せる一瞬の輝きをインスピレーションとして捉え、自由な表現を用いてキャンバスに描き続けている。


2015年假屋崎省吾の世界in軽井沢
2016年6月17日(金)〜7月3日(日)假屋崎省吾の世界in軽井沢

8年目を迎える假屋崎省吾の軽井沢での個展
今年は軽井沢が避暑地として130年を迎える節目となり、軽井沢が歩んできた歴史を感じながら、高原の息吹を取り入れた假屋崎省吾の傑作をご覧ください。

日時:このイベントは終了しました。
場所:軽井沢タリアセン 睡鳩荘
料金:睡鳩荘入館料500円(軽井沢タリアセン入園料800円別)

2015/09/01 (火)〜2015/10/31 (土)秋桜祭 あらきゆみ COSMOSの世界展

あらきゆみの描くコスモス絵画の展覧会を睡鳩荘の2階にて行います。
今回が二度目の作品展で、2015年のテーマは永遠です。同時に天紫生の世界展も開催中。

アーティストin軽井沢
9月5日、9月19日、10月10日、10月24日は睡鳩荘かフォレストコスモスであらきゆみさんに会える。

日時:このイベントは終了しました。
場所:軽井沢タリアセン内 睡鳩荘
料金:軽井沢タリアセン入園料+睡鳩荘入館料 大人1000円

企画・協力 フォレストコスモス http://cosmos-art.com/

© みつはしちかこ
2015/07/11 (土)〜2015/07/26 (日)みつはしちかこ小さな恋のものがたり原画展

ペイネのファンであり、互いに共通する愛とユーモアの世界を描き続けるみつはしちかこさんの原画展です。「小さな恋のものがたり」直筆原稿約20点、漫画原稿、その他関連資料など。ペイネ美術館夏の特別展と連動した展覧会です。会期中みつはしちかこさん来館予定。

日時:このイベントは終了しました。
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」2階
入館料:300円 (軽井沢タリアセン入園料:800円別)

2012年睡鳩荘
2015/06/20 (土)〜2015/07/05 (日)假屋崎省吾の世界in軽井沢 ~華の結い~

北陸新幹線が開業し、北陸・長野・東京が繋がれた今年のテーマは「華の結い」。季節の花と藤つるを使用し大作系の作品に挑みます。柔らかな曲線で結い合わされた花々が、初夏の自然を表現します。

日時:このイベントは終了しました。
場所:旧朝吹山荘「睡鳩荘」1階・2階
入館料:500円 (軽井沢タリアセン入園料:800円別)

2014/09/01(月)〜2014/10/31(金)秋桜祭
あらきゆみCOSMOSの世界展

あらきゆみの描くコスモス絵画の展覧会を睡鳩荘の2階にて行います。世界中に小さな倖せの花が咲くように祈って描かれたコスモス絵画数十点が秋の睡鳩荘を彩ります。
また、9月28日(日)と10月26日(日)にはあらきゆみと絵画で楽しむイベントが開催されます。

同時開催 天 紫生の世界展
新たなcosmosの世界をお楽しみください。9月15日(月)と10月5日(日)天紫生による生花でプードルを作る体験教室を行います。

会期:このイベントは終了しました。
時間:9:00〜17:00 会期中無休
場所:軽井沢タリアセン内 睡鳩荘
料金:軽井沢タリアセン入園料+睡鳩荘入館料
   大人1000円 小中学生400円
期間中入館券をご購入された方対象、毎日先着50名様に素敵なプレセントがあります。

企画・協力 フォレストコスモス
      http://cosmos-art.com/

ページの先頭へ